美肌菌を増やす方法をまとめました!

若い女性

 

美肌菌を増やすためには、当サイトでご紹介しているエルピダ セリア他のアイテムを使ったスキンケアの他にも、普段から心がけておきたいことがあります。

 

この記事ではそんな日常生活の中に取り入れたい、「美肌菌を増やす方法」をまとめました。
美肌菌を増やすために、あなたの普段のスキンケアの一部として取り入れていただければ幸いです。

 

洗顔料を使った洗いすぎに注意

洗顔

 

あなたは朝の洗顔にも洗顔料を使っておられるのではないですか?
実はこれ、美肌菌を減らすことにつながるんです。

 

洗顔料を使って顔を洗うと、美肌菌のエサである汗や皮脂が洗い流されてしまいます。
もちろん、美肌菌そのものも洗い流されてしまいます。

 

一度きれいに洗い流されてしまった美肌菌は、元の数に戻るのに数時間〜8時間程度かかると言われています。

 

夜はメイク汚れを落とす必要があるので、クレンジング料を使った洗顔と洗顔料を使った洗顔のダブル洗顔は必要になってきます。

 

しかし夜の洗顔に加えて朝も洗顔料を使って美肌菌を洗い流してしまうと、美肌菌が増えるヒマがありません。

 

朝の汚れは、寝ている間に出た汗やホコリが付いている程度。
洗顔料を使わなくても十分に落ちる汚れなんですね。

 

美肌菌を必要以上に洗い流さないために、朝は洗顔料を使わずに水だけの洗顔、または、ぬるま湯を使った洗顔だけにしましょう。

週に1〜2日の肌断食を

肌断食

 

肌断食と言うのはメイクをしない日を作るということ。

 

週末のプチ断食で腸を休ませて体調を整えるのと同じように、週末を利用してお肌もメイクをしない肌断食をすることで、肌のダメージを減らして肌の調子を整えようということなんですね。

 

メイクをしなければクレンジングをする必要もなくなってきます。
上で書いたことにもつながりますが、肌断食は「洗い過ぎ」を防ぐことにもつながるんです。

 

できれば週末の土・日の2日間を肌断食の日に当てて、その間は洗顔も水だけ、または、ぬるま湯洗顔で過ごしてみてください。

 

美肌菌が増えて肌本来のすこやかさを取り戻すはずですよ。

長時間の入浴はNG

半身浴

 

入浴そのものは美肌菌のエサになる汗をかくことになり、またからだを温めることは美肌菌の活動を活発にします。

 

ただし、1時間・2時間に及ぶような極端に長い時間の半身浴や入浴は、洗顔のし過ぎと同じように肌の美肌菌を洗い流してしまうことにつながります。

 

入浴は15分程度にとどめておくのがおすすめですよ。

紫外線対策

UVケアグッズ

 

「美肌菌を増やす」ためと言うにとどまらず、紫外線対策はスキンケアの基本ですよね。

 

季節を問わず、また時間を問わずしっかりとしたUVケアは必須ですが、UVカット化粧品による刺激は美肌菌のためには良くないこともあります。

 

日傘や帽子、衣服を上手に利用した紫外線対策をしたいものですね。

ヨーグルトパックで美肌菌を増やす!

ヨーグルト

 

ビフィズス菌の入ったヨーグルトと、ヨーグルトの上澄み液(ホエイ)を使って行うバックがヨーグルトパック。

 

「美肌菌」の名付け親である皮膚科医の出来尾格先生が考案したスキンケアの方法なんです。

 

ヨーグルトパックのやり方や、実際に管理人が体験してみた体験談を別ページにまとめましたので、ぜひこちらも参考になさってくださいね。

 

適度な運動

ウォーキングをする女性

 

何度も言うようですが美肌菌は汗や皮脂をエサにして、肌を弱酸性に保つ脂肪酸を作り出したり、天然の保湿成分であるグリセリンを作り出したりしています。

 

適度な運動は美肌菌のエサである汗を分泌する「汗腺」を鍛えることになります。

 

ともすれば運動不足になりがちな毎日。
ウォーキングやストレッチなどの運動で「汗腺」を鍛え、美肌菌のエサである汗をかくように心がけましょう。

良質な睡眠

眠る赤ちゃん

 

睡眠不足の翌朝は肌が荒れたりニキビができたりする・・・。
きっとあなたにもそんな経験があるのではないでしょうか。

 

肌の新陳代謝を促進する成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。
睡眠不足は大切な成長ホルモンの分泌不足、またホルモンバランスの乱れを招くことになるんですよ。

 

良質な睡眠・十分な睡眠時間の確保は美肌菌を増やすため、また美容と健康全般のためにも心がけたいことですね。

まとめ

若い女性

 

いかがでしたか?

 

「適度な運動」や「良質な睡眠」と言った、スキンケア全般に通じることから、「水だけ洗顔・ぬるま湯洗顔」、「肌断食」と言う、あまり耳にしたことがないであろうと思われるようなケア方法までご紹介してきました。

 

まずはどれかひとつ、自分が実行できそうなものから取り組んでみてください。
そして美肌菌を増やし、肌本来のチカラで自らうるおう肌を実現してくださいね。

 

以上、「普段から実践したい!美肌菌を増やす方法【まとめ】」でした。

 

 

TOPへ